受験とそれを支える家族

受験は孤独な戦いであると思われがちですが、実際のところそうではありません。
それに挑む当人――すなわち受験生はもとより、その家族も一丸となって戦うべきものであると言えます。
本来的には、更に学校関係者、塾関係者等も一緒になって歩を進めていくわけですが、特に受験生の家族(中でも親御さん)は当人同様に確固たる真剣な意識を保持していかなければならないわけです。
たとえば、お子様がいずれかの志望校を受験するとします。なにもしなくても合格できるというパターンは極々限られた一部の人の話であり、大抵はその本番に向かって受験勉強にいそしまなければなりません。
この時、当人が心地よくスムーズな形で学習に没頭できるような環境作りを、努めて家族は行っていかなければならないわけです。
ざわざわとざわついた家庭では、勉強も身に入りませんよね。受験と対峙する以上、出来る限り平穏な空気感を維持しつつ、時に優しく、時に厳しく保護者の方々は受験生に接してあげてください。支えてあげてください。
その際に払った注意は、やがて必ずや合格という名の実を結ぶはずです。