受験と緊張

私は基本的に緊張しません。
高校受験も、地元で一、二を争うくらいの進学校だったのですが、自分でも驚くくらい緊張しませんでした。
ですが、人生で一番緊張したのは受験のときでした。
大学受験だったのですが、英語が笑えるくらい分からなくて、久しぶりに「これはマズい」と思いました。
冷や汗が出るという経験も、あのときが初めてでした。
結局他の科目がカバーしてくれたのか、私はその大学に合格することが出来ました。
もし落ちていたらと考えるとゾッとしますし、それが現実にならなくて良かったと心の底から思いました。
ですが、逆に、よっぽどのことがなければ受験は緊張しないものだなとも思いました。
万全の状態であれば、緊張する理由が無いのです。
ただ、このときは、万全な状態であったつもりが予想外のことが起きてしまい、それでパニックになってしまいました。
やる前から雰囲気に飲まれるということは、基本的にありません。
結局は、自分がどれだけ準備しているかにかかっているのだと思います。