受験と自己採点について

受験をし終えた後は、やり終えたという達成感がありましたが、自己採点をすることになっていました。
自己採点の点数を塾に伝えたり、一応学校の先生にも報告しておく必要があったのですが、とにかく怖くて怖くて仕方なかった思い出があります。
自己採点の点数は少し低めに見積もることが多かったのですが、冷静に正解の回答と照らし合わせてみると間違っている部分が多すぎたり、自分が見当違いな解き方をしていることを知った時は本当に涙が出ました。
私はあまり学力に自信がある方では無かったので、模試でも実際の受験でもとにかく自己採点をするのが恐怖だった思い出があります。
受験は第一志望の学校には落ちてしまいましたが、第二志望の行きたい学部には無事に合格することが出来て本当に救われる思いでした。
経済的に浪人してまで受験をすることは出来なかったので、受験の際には現役のうちにというプレッシャーがあり、高校三年生の頃はかなりピリピリした毎日を過ごしましたが頑張って良かったです。