受験に勝つ方法

私立文系の大学受験に必要な科目は、多くの場合英語、国語それに選択科目の中から一科目選択して、その合計点で合否が決まります。
しかし、国語という一科目をとってもその中身は現代文だけの入試もあれば、現代文+古文、現代文+古文+漢文というように各大学によって出題スタイルは異なります。
そのため、大学ごとに各教科の試験時間も配点も当然違うので、偏差値が同じくらいの大学でも難しい問題を出題大学と簡単な問題を出題して、高得点を取らなければ合格できない大学があります。
そのため、大学受験で私立大学を第一志望に考えている人は、模擬試験で成績を上げ偏差値を高くすることを考えるよりも、自分の志望校の過去の入学試験問題をできる限り多く集めて、どのような問題形式になっているのかをしっかりと確かめた上で、受験勉強を始めれば、入試に不必要な勉強と必要な勉強の区別がよくつき、より短時間の勉強でも志望校に合格することは可能になると思います。