受験のための勉強で苦戦したこと

私が受験をする際、一番苦戦したことといえば数学でした。
とにかく数学が苦手だった私は、理系に進むことは本当に向いていないと思い、受験をする時にはなるべく数学で足を引っ張らないようにすることが目標だったのです。
数学は何度先生に習っても、いざ自分でやってみると思うように解けないなんてことも多かったですし、証明の問題がとにかく嫌いでした。
また、受験では数学だけは参考書を読んでも理解できない部分も多かったですし、学校の先生に聞きに行くようにしたり、予備校を活用するなどして頑張って自分の力だけでは無く、他の人の手助けも受けて勉強を頑張るようにしていました。
受験の際には私立の学校によっては数学は使わなくて良いものもありますが、たいていの学校やレベルの高い大学では受験の際には数学は必要不可欠であることが多いです。
受験をする時に数学が苦手という人は本当に多いので、数学が苦手な友達がいると勝手に親近感を覚えることも多かったです。