受験のプレッシャー

私の家庭は勉強熱心な人が多く、二人の弟はとても優秀でした。結果的に日本で最難関と言われている国立に行ったのですが、私は一人だけ中の上ぐらいの成績でした。
その為、勉強ができないことについての劣等感はとても強く、大学受験で自分なりに結果を出すということについて、かなりプレッシャーを感じていました。

大人になってから考えると、勉強ができることは一つの分野で得意なことがあるという位置づけなのですが、当時の私にとってはそれが人を測る上での物差しになっていたところがあります。
自分に自信を取り戻すために勉強をがむしゃらにして、結果として関西では難関とされている私立大学に合格しました。

大学に合格することで周りよりレベルは低かったのですが、そういったプレッシャーから解放されて成績のことを気にすることなく生きられるようになりました。
学歴重視で生きてきた自分が、学歴から解放されたのは、受験のプレッシャーに打ち勝ち、自分なりに成果を出せたことがきっかけです。