受験の前には学校に行かないようにする

受験勉強に入ったときには、家から全く出ないようになります。私が大学を受験したときには、高校3年の後半はあまり授業にも専念しなかったように思います。出ても出なくても良いような日は間違いなく学校に出ないで家で勉強していました。

学校の授業でも、自習のような時間を増やすようにしていたので、自分のやるべき事を段取りよくこなしていくことを優先していました。良く考えてみると、高校三年生の授業のカリキュラムは既に作られているはずなのに、何故後半の授業はほとんどやらなくても良いとなっていたのか不思議です。

恐らくは、ちゃんとやるべき事はあったと思うのですが、それよりも受験勉強の時間を最大限に確保することの方が、合格率アップに繋がるのだと思います。

これが義務教育だったら、規定の範囲内を教えないと教育者として問題になっていたかと思います。ただ私の場合は、そのような学校側の事情なんて全く考えずに自分のことしか考えていませんでした。それが最も大事なことだと思っていました。