受験の日の食事について

受験の日は多くは一日かかってしまうのでどこかで食事をする必要があります。何を食べてもよさそうですが、ここで失敗してお腹を壊してしまうと午後の結果に影響が出てしまう可能性があります。
基本的に外出などは許されていないと思うので弁当などを食べる事になります。受験シーズンは冬であることがほとんどなので痛んでしまうことはそれほどないと思いますが、暖房がきいている室内だった場合などで思いもよらない事故が起こりかねません。
そういう意味では手作り弁当よりは簡単には痛まないであろうコンビニおにぎりなどの方が安全だと思います。
おにぎりとしても具が生っぽいものは避けた方がいいのではないかと思います。
ただ、普段から食べ慣れてないものを食べてしまうことで自分では認識してなかったアレルギーが出るという事を避けるために、今まで食べたことのない興味深い具があっても手を出さずに食べなれたものを選ぶようにしましょう。
ここまで積み重ねた努力がたった一回の食事で無駄になってしまわないように注意しましょう。