受験の時には勉強を一番頑張った

私がこれまでの長い人生の中でも、一番よく勉強を頑張ったタイミングといえば受験をした時だったと思います。
大学受験をする時にはとにかく勉強を頑張る必要があったので、自分で参考書を活用して毎日夜遅くまで勉強をするようにしたり、苦手な数学は予備校で授業を受けることによって何とか克服しようと努力したり、これまでに生きてきた中でも一番勉強をしていた時期だったかもしれません。
私のクラスは就職する子よりも進学する人の方が多数派だったこともあり、高校三年生になるととにかく真剣に勉強に打ち込んでいる人が多かったです。
ただ、一般の入試より前に、推薦でもう大学に合格している子は生き生きしていたり遊んでいることも多かったです。

なので、受験の直前には推薦で進路が決まっている子たちが羨ましくて仕方なかったことを思い出します。
受験が終わったらもうしばらく勉強したくないし勉強は当分しなくても済むだろうと思っていましたが、大学に入ってからもそこそこ勉強はハードでした。