受験の時に塾に求めること

高校受験の時も大学受験の時も塾に通いました。
二つとも違う塾ですが、結果から言えば、高校受験の時の方が何となく良い塾だったと思います。
受験のおいて必要なことは「情報」と「環境」だと思います。

情報とは高校受験ならば高校に関する情報であり、試験に関する情報も重要です。
これらに関してはどこの塾も申し分ないと思います。
しかし、その情報へのアクセスのしやすさに関しては違ってきます。

私のような性格では、情報は少ない方が良いです。
要点のみを抑えた情報、言ってしまえば「私の偏差値にあう受験先」のみあれば他は必要ないので、それだけを提案してくれればいいです。

あとは環境ですが、基本的に放っておいてくれていいです。
何となくスイッチが入らない時もありますが、それ以外は自分で何とかしますから自習室が完備されていて、あとは授業の席がある程度多ければ、何となく圧迫感を感じずに勉強できます。
これくらいあれば、放任主義な塾が私にとって受験対策のしやすい所だといえます。