受験の時に考えていたこと

私が大学を受験するときには、「落ちても大丈夫」という考え方がありました。高校受験の時には是が非でも入らないと大変な事になると思っていましたが、大学受験の場合は一浪したりするのは当たり前だし、2年目あたりまではどうにか許されている範囲だと思うのです。

なので、合格ラインはギリギリというか、落ちても問題ないというラインの大学を受験してリラックスした感じで受験に臨むことができたのです。このリラックス感が私の集中力を高めるし、いつもよりも知識が大量に頭の中に入っていくのです。

逆に、絶対に合格しないといけないというプレッシャーを受けながら受験に望むと、頭の中で焦った感情が常にあるので、私の場合は記憶力も低下するし、生活のリズムもおかしくなってしまいます。

受験を目の前にしていても、映画を見に行ったり友人達とお酒を飲んだりするような、ゆとりの時間が必要だと思います。割と何も考えずにやっていれば自分の最大の力が出せるものだと思うのです。