受験の目標は高く持つ

受験生は、試験に向けた学力を身に付けることも大切ですが、モチベーションや強い気持ちも学力に引けをとらないほど重要です。
こうした受験に向けた気の持ち方の中でも特に大事にして欲しいことが、目標設定を高くするという点です。例えば、MARCHを第一志望としている人であれば、MARCHに合格する知識を目指すのではなく、早慶や上智、ICUといったもう1段難易度の高い大学を目標に据えるようにすることがベストです。
なぜ目標を高くすると良いのかというと、知識量に余裕が出てくるためです。

一方、MARCHを合格目標に据えてしまうと、受験時に合格ラインギリギリの知識しか得ていないケースが多くなります。

その日の調子や問題の傾向変更などの影響で不合格になってしまう可能性も低くありません。
また、目標を高く設定して学習に取り組んでいくと、当初予定したよりも学力の伸びが大きくなります。

本当に早慶などワンランク上での大学に受かる学力が身に付くケースも多くみられます。
そのため、受験の目標はできるだけ高く持つようにしましょう。