受験の目標設定

受験の目標設定というのはかなり重要だといえます。高すぎる目標がいいか悪いかは実際のところは本人次第であったり、結果からそれを判断するしかありません。目標が高すぎたために失敗したということも現実にはありますが、これは結果がでるまでは判断しようの無いところです。低くクリアしやすい目標を設定したとしても必ず成功するとは限りません。慢心したり、油断したりして低い目標設定の受験校でも失敗することはよくあることです。実力とモチベーション、環境など総合的に判断する必要がありますが、最終的には受験者本人に決定させることが受験で合格を得る以上の経験になると思います。受験生は10代であることが多く若い人が多いので受験の失敗は人生で大きなダメージだと思うかもしれません。しかし、実際には受験の失敗はそれほど人生においてダメージの大きな失敗とはならないことはずっと後になって分かると思います。自分で目標設定を決め、チャレンジする経験を積めるのが受験です。