受験の際には体調管理

受験をした時に私が結構苦戦してしまったことと言えば、上手く体調管理をするということです。
受験の直前になると緊張してしまったり、非常にドキドキした気持ちになってしまい、体調を崩してしまうこともありました。
大学受験をした際にはセンター試験の1週間前にもかかわらず熱を出して39度の高熱にうなされてしまい、もうだめかもしれないと思ったこともあります。
そんな時には無理に焦って勉強をするのではなく、自力で対処せずにお医者さんに相談すると安心でした。
受験の前に体調を崩してしまう患者は本当に多いようで、私が通った病院も受験生の扱いには長けていたということもあり、すぐに体調が直る良い薬を出してくれて、センター試験の頃にはすっかり元気を取り戻すことが出来ました。
受験をする時にはなるべく体調管理に気を付けたり、寒い時期ということもあるので身体を冷やしすぎない格好をすることが大事です。
マスクをこまめにつけたり、暖かくして寝たり、受験生は体調管理を意識している子が多いです。