受験の際には意識づけをすること

親からうるさく受験のことを言われている人が多いと思いますが、そのような人の場合はモチベーションが高い状態をキープできずに困るはずです。何故自分が受験しなければいかを考えてしまうのです。

親のために勉強をしているのか、先生がうるさいから勉強しているのか、もしくは友人達からよく見られるために勉強しているのか..のような理由を明確にすることが重要だと思います。

どう考えても自分の為となるのですが、これがすぐに分かるようになるのは、一度受験に失敗して浪人生活を開始したときだと思います。そのまま就職した方が良いのか、もう一度大学を目指そうと考えるかは自分の判断次第となります。

ここまできて親がうるさく言ってくることは、ほとんどないと思うのです。受験に失敗して全てが理解できる前に、良く考えて自分のやるべき事を考え直す必要があります。

親が気づかせるという事も必要かもしれませんが、何を言っても素直に聞かない状態になれば難しいかもしれません。