受験の際の時間配分

試験時間が足りなくて失敗してしまった、という経験をしたことはないでしょうか。
そのような失敗をしないために、受験をする時には時間配分に気を付ける必要があります。

時間配分は受験する科目によって変わりますので、過去問などを参考にしてあらかじめ
その試験の特性をよく把握しておくことが肝心です。
特に、よく考えれば分かるけれども、試験時間に対して問題数が非常に多い、というような
試験の場合には、事前に予想問題などを時間を測って解いてみることが有効な対策となります。

そして、当日に時計を持って行くことを忘れないということも重要です。
時計の持ち込みが禁止されている場合を除けば、自分で見慣れた時計を利用するのが一番です。
試験会場の時計をいちいち確認すると大変ですし、設定されている場所によっては、見えない
可能性もあり得ます。
もし、時計が見えなければ時間配分できなくなってしまうので、大きな不利となるのです。
したがって、自分の時計を忘れない、ということは当たり前ではありますが重要です。

他のことに気を取られてうっかり忘れてしまわないように、家を出る前に持ち物を再確認する
ようにしましょう。