受験の際の服装に気を使うこと

受験の当日に着て行く服に気を使う人がいました。特に面接があるわけでもないので、何を着ても良いと思うのですが、自分のラッキーカラーを必ず入れるという占いを信じる人です。

そのような何かを信じてる人の場合は、今日の運勢で自分がラッキーであるかどうかをとても気にしているようです。仮にアンラッキーな日だと指定されると、気にしないで生活するように心がけるようですが、逆にラッキーデーだと人に言うのです。

結局は、自分が都合の良い時だけ占いを信じるというパターンになるので、何を聞いても全て自分の運勢は向上していると考えているようです。私としては幸運は自力でつかみ取るという考えなので、他力本願な人を見ていて力が抜けてしまいます。

これまでに変な気分になったのは、疫病神と言われている友人とTシャツの色が同じだったときには、変な感じがするのです。気になるのはそれくらいで、特に勉強に関しては自分の実力を信じるタイプです。