受験の頃と勉強

私はこれまでの人生の中でも、一番勉強した時といえば、大学受験をした時だと思います。
文系だったのですが、数学の勉強をするのがとても苦手で、数学にはかなり手こずってしまった思い出があります。
私の一番の親友は理系の女の子で、薬学部に進学したのですが、とにかく数学が得意だったので本当にうらやましかった思い出があります。
受験をする頃は自分の得意科目である歴史や古文などの勉強をするのは楽しかったのですが、数学や化学は本当に勉強が辛かったことを思い出します。
受験生のころは本当に良く勉強をしていたのですが、大学に入ってからはあまり勉強をしない日々を送ったこともあります。
受験をした後にはしばらく勉強したくないなと言う気持ちになったことを良く覚えています。
また、受験後には勉強から解放されたいという思いがあったので、受験勉強に使ってきた参考書やテキストや学校のプリントなどは迅速に処分したり、古本屋へ持って行って売ったことも懐かしいです。