受験は一番最後の実力テスト

受験といえば小学校から大学受験までいろんな段階であります。ここでは一番多くの子供が受験すると考えられる高校受験を中心に考えたいと思います。

日本では、中等一貫校を除き、公立の小・中学校で過ごした生徒のほとんどが高校受験に挑みます。そしてこの高校受験が生徒たちにとって最初の大舞台となるのです。

中三になると親から受験を意識させられる子供たち。何かにつけて「受験なんだから」とおまけのことばが付きます。まるで受験勉強とは特別なことを学ぶかのごとく激を飛ばされたりします。そして子供たちは何だか不安が募り、重い気分になってくるものではないかと思います。

しかし高校受験の場合は、中学三年まで学んだ内容が出題されるのです。特別な内容が出るわけではありません。ですから当然ながら中三でやるべきことは、それまで学習してきた内容の復習になるはずです。

どの学習塾へ行ってもどんな参考書を買っても、中身は同じですね。自分が持っているお気に入りの問題集や参考書があれば、何度もそれをしっかり復習することが一番安上がりでかつ自分の身につくのではないでしょうか。自分自身での学習が苦手な人はプロの手を借りるのもいいでしょう。自分一人での学習ができないから困っている、という中学生はとても多いと思います。

受験は中学三年間の総仕上げであり、最後の実力テストだと考えればいいと思います。受験を特別視せずに、当たり前ですが「まじめに」毎日学習に取り組んでいくのがいいですね。