受験は力んではいけない

受験は大変なことだと思ったら本当に大変になってしまうと私は思います。力まずに臨んだ方が力を発揮できるものなのです。
と言ってもそう簡単にうまく行かないのが受験。私は比較的リラックスして受験に臨むことができましたが、世の中そんな人間ばかりではないと思います。
私の場合、まだ先があるからいいやという軽い気持ちで臨んでいました。第一志望が駄目だったとしてもまたその次があるのです。第一志望だけが人生の全てではありません。第二志望の学校で充実した生活を送ることだってできます。人の人生は一方通行でやり直すことはできませんが、それがその人の人生になり面白いのです。
だから受験だけが人生だと思ってはいけません。違う道には違う道の良さが絶対にあります。第一志望が必ずしも良いものであるという保証はありません。
力まずに自分の人生を歩んでいこうとする気持ちが受験を突破する鍵になると思います。私も何も考えずに自分の人生を自由に歩もうと思って受験に臨んだら合格できました。