受験は幼稚園から学校、会社や資格まであります

受験は幼稚園、学校、就職、資格、パソコンがありますが幼稚園、学校、就職は年齢の制限があります。また経験を要する資格試験がありますが、それらをクリアすれば受験に申し込み試験日に受験して合格の判定が得ることが出来れば毎年4月頃の幼稚園は入園、学校であれば入学式に出席することが出来ます。
学校であれば学生証が個人に発行されます。学校は公立と私学がありますが授業料が異なります。私学では幼稚園から大学まであるエスカレーター式の学校があります。公立の場合は高校と大学で受験をして合格の判定を貰わなければなりません。
近年の以前の学校の受験に言える事ですが受験者数の増加がありました。現代の学校の受験は人口の少子化のために以前ほど競争がなく、標準の学力があれば合格できます。しかし景気が良くない事から費用が出せる事が出来るのかどうかの問題があります。
入学試験の合格率は高くなっていますが授業料の支払いが問題になっている時代です。そのような事で幼稚園と学校の受験の場合は時代により問題があるという事になります。