受験は頑張りすぎてはいけない

私の受験生時代はそれほど勉強は大変ではありませんでした。自分に合ったレベルの高校や大学を目指していたから、それほど熱心に勉強しなくても合格できたのです。
そもそも、私は上のレベルの学校に行くという目標は立てておらず、自分に合うレベルの学校に行って平凡な生活を送りたいと思っていました。自分に合ったレベルなら学校に通っていても勉強で苦労することもないし、うまくいけば成績が上位になって良い気分を味わうこともできるのです。
この考えは非常にいやらしいものかもしれませんが、地道な道を歩みたい私としては重要なことでした。実際に受験に合格して高校に通い始めると、成績は上位の方になり、私は表彰されるくらいの順位になりました。もちろん勉強をしっかりとやって試験で結果を残したからこそ順位の高さです。いくら受験で楽をしたからといっても、努力し続けていることには変わりありません。どんなにレベルの低い高校でも努力しないと上位には食い込めないので、私はこの地味な道でもいいと思いました。