受験をする時には真面目を意識

受験をした時に、私がなるべく意識したことは真面目に振る舞うということです。
だらしない恰好はせずに制服はきちんと着こなすようにしたり、面接の際にはハキハキと丁寧な言葉遣いで真面目に受け答えすることを意識しました。
やんちゃな友達も受験の時だけは髪を黒に染めることも多かったですし、受験を成功させたいのであればある程度真面目に振る舞っておくということは大切だと思いました。
受験をする際、筆記試験だけでは無く面接がある場合には、特に身だしなみや態度には気を遣っておいて損はないと感じました。
受験の際、面接といえばどのような対策をすればよいのかわからないパターンはありがちですが、私の場合には通っていた学校が面接の練習をしてくれたので安心でした。
基本的には筆記試験の方が面接よりも比重が高いこともあり、受験をする際にはとにかく筆記試験の対策としてたくさん勉強を頑張りました。
受験の時は毎日二時間は勉強したり、我ながらとても偉かったと思います。