受験を制するためには、受験機会を増やすこと。

大学入試であれ高校入試であれ、受験を制するには学力をあげれば良いだけではありません。
もちろん、学力が高ければ高いほど入試には有利に働くのですが、それ以外にも重要な要素があります。
それは受験機会をできる限り増やすことです。
高校入試では、受験機会を増やすことは難しいのですが、大学入試となると話は違ってきます。
私立大学は、受験料さえ支払えば複数の学部を続けて受験することも可能になるので、なるべく志望校に関しては、できる限り申し込んで、受験機会を最大まで増やすべきです。
というのも、受験はやはり水物だからです。
その時々の体調や、出題された問題との相性といった本来の学力以外の要素が、合否に直結します。
特に、志望校がひとつだからと一回限りしか受験をしないのは、論外です。
その当日に体調を崩し、あるいは過度に緊張し、失敗してしまった場合、人生そのものを左右しかねないからです。
受験には慣れも必要で、本番の緊張になれることも大切です。
受験慣れする為にも、志望校以外の学校も受験し経験を積んでおくことが、受験におけるコツとなるのです。