受験を始めるときの目標は現実的なものにしよう

受験を始めるときというのは、なんだか頑張ればなんでも出来てしまいそうな気分になって、結構ハイレベルな目標を打ち立ててしまいがちです。
しかしそこでハイレベルな目標を立ててしまうと、まわりの人間はそれを達成するであろう、という目線で見てきてしまうのです。
するとそれはありえないほど大きなプレッシャーへと変化し、受験者にとってとても大きなストレスとなってしまいます。
すると不安に押しつぶされそうになってしまいますし、出来もしない勉強を延々とやらねばいけません。
そして受験に失敗した場合、もっと恐ろしいことが待っています。まわりからの軽蔑です。
こんなことにならないためにも、受験を始める際の目標はしっかりと現実的なレベルで設定を行いましょう。
しっかりと塾や予備校の人と相談し、狙えるレベルへ目標を定めましょう。
そうすればきっと、受験はうまくいくはずです。

まあ、この話は「身の丈にあった行動をしよう」ということでもあります。世の中、背伸びしたっていい事無いですから。