受験を考えるなら基礎を徹底的に。

レベルの高い高校、大学に行く人は、かなりレベルの高い勉強をしていると思っている人が
かなりいます。ですがそんな事もありません。高い偏差値を出す人と出せない人の違いは、
基礎がどれほどあるかで決まります。

誤解される前に言えば、レベルの高い勉強もやります。しかし重視したり、頑張ってやるのは
教科書に書かれているぐらいの問題です。

特に大学受験では、考える事がとても大事です。考えるには知識が要りますからそこを重視する
という当たり前の話です。

ですが、偏差値の取れない人に限って基礎を疎かにする傾向があるようです。確かに基本は地味で
、もう出来た、と思いがちなんですが、少しでも穴が空いているとその後の積み上げはうまく行き
ません。極論を言えば、整数の足し算も、ナビエの方程式も変わらないという事です。
私はナビエの方程式は理解できませんが。

なので時間があっても無くても、基礎をやる時間はとらなければなりません。それが出来なければ、
問題なんて解けるはずもありませんから。来年受験であっても、基礎に重点を置けば偏差値はちゃんと
上がって行きます。それで合格ラインに入るかは別問題ですけどね。トップレベルを目指すには、
それなりに時間はいりますから。受験を考えるなら基礎を徹底的に。