受験を通して学ぶことが出来る勉強以外のこととは

私が子どもの頃の時代は、中学受験をする友達はとても少なく、初めての受験といえば高校受験でした。

ベビーブームの時代だったので、それなりに競争率も激しく、自分なりではありますが一生懸命
勉強したように思います。

月日は流れ、今は中学受験はもちろんのこと小学受験や幼稚園受験を経験する子どもも増えています。

姪が今年の春に中学受験を経験しました。
小さい頃から塾へ通い、一生懸命勉強している姿を見ない日はありませんでした。

小さい頃は、親の声掛けはもちろんのこと、勉強を見てあげたりと子どもである姪はもちろんのこと、
親である妹も相当子どもに時間を費やしたと思います。

我慢比べでがありませんが、本当に大変だなと思いました。

しかし、学年が上がるにつれて勉強をするという習慣が身についた姪は、進んで勉強に
取り組むようになりました。

勉強に対する意識も、わからないところが理解できる喜びというものに変わったようです。

受験に合格することはもちろんのこと、受験勉強というものを通して、物事を継続することの大切さや忍耐力のようなものを学んだのではないでしょうか。
何より、知る喜びを知ったことはとても大きな財産になったと思います。