受験前、合間の休み時間の過ごし方

受験前、合間の休み時間の過ごし方はなかなかに難しいものです。少しでも知識を詰め込むか、覚えた知識を確認しておきたいという考えと、少しでも頭をリフレッシュし試験開始後の集中力を高めたいという考えがジレンマを起こします。中間試験などのような比較的スパンの短い試験では前者が多く、大学受験などのようなスパンの長い試験では後者が多いような気がします。これはどちらを選択した方が効率が良いかを無意識に計算した結果であり、スパンの長い試験でもあまり勉強をしてこなかった学生は少しでも知識を詰めた方が効率が良いのかもしれません。ただ、この休み時間の過ごし方も人それぞれで、ゲームをやっている人や、友人と話している人、タロットカードのようなものをしている人も見かけたことがあります。恐らくそれぞれ自分に最も合ったスタイルを身に着けた結果であるのでしょう。やってはいけないのは、前の試験を引きずってしまうことです。これをやると、自信を失い、かつつかれたまま次の試験に突入してしまいます。