受験前日のことについて

受験の前の日は、晩供したことを総ざらいしたい気持ちをぐっと抑えて、当日の準備をしっかりと行うべきなのだそうです。
持って行くものの最終確認をして、時間や目的地の確認もして、天気予報もチェックして目覚ましもかけて、お風呂に入って湯冷めしない内に早めに寝るのがベストなのだとか。
最後の最後の日まで勉強していたとしても、それが試験に出る確率などどれほどもありません。そんなことに時間をかけているくらいなら、自分のコンディションを整えるべきなのだと聞きました。
私はよく当日になってアレがないこれがないと言い出すタイプで、学生時代は色々なところで苦労してきました。修学旅行に行ってから、自宅の机の上に財布を忘れてきたということに気付いたということもあります。
だからこそ準備を行うことの大切さは、すごく理解できます。土壇場になってあれこれ行うのは本当に危険なので、受験前日の24時間くらいは、ゆったりとした気分で最終確認に挑むべきだと私も思いますね。