受験勉強における睡眠の大切さ

受験勉強においては「睡眠」がとても重要になります。昔から「睡眠学習」などという言葉がありましたが、最近は睡眠をとることで無意識のうちに脳内で記憶が整理されていることが科学的に明らかとなりました。
人間はその日に知覚したものの「ほぼ全て」を側頭葉という部分に記憶として保存します。その保存している場所から引き出すのが海馬と呼ばれる部分です。そして、人間は睡眠をとっているときに側頭葉の記憶を海馬が取り出しやすいように整理しているというわけです。
よく勘違いがあるのですが、記憶力というのは「覚える能力」ではなく「思い出す能力」なのです。海馬と側頭葉の間にシナプスがあるのですが、これの数が多いほど記憶力が高いということになるのです。
このことから、記憶力を鍛えるにはひたすら思い出すことが効果的になります。昔から認知症の予防として「昨日食べたご飯を思い出す」というものがったのですが、これは記憶力の向上と関係していたのでしょう。受験勉強においても、暗記物は「思い出す」ことで記憶の確認と記憶力の向上、そして「睡眠」で記憶の定着を行うととても効率的になります。