受験勉強に損はない

受験は嫌なことだと思われがちですが、私はそうだと思っていません。ひとつの目標に向かって一生懸命努力することは嫌いではありません。むしろ自分の集中力を高めることになるのでいいと思っています。
つらいと感じたこともあります。毎日が勉強で本を見るのもペンを握るのも嫌になって逃げだしたくなったこともあります。しかし、この努力が将来につながるのだと思うと自然とまた机に向かっているのです。
私はもともと勉強があまり好きではありませんでしたが、良い大学に入るためにそれまでなかった集中力を発揮して勉強してました。今でも不思議なくらい勉強漬けでした。
でもそのおかげで第一志望の大学に入ることができたからよかったと思っています。今の自分が希望通りの人生を送れているかはわかりませんが、受験勉強をしていた当時の努力は無駄ではなかったと思っています。
受験勉強に必死になって損することはありません。勉強をすることで将来の自分が変わるのだから、毎日一生懸命にならなければいけません。