受験勉強のとっかかり

普段から家での勉強というのを意識的にしていない人が、そろそろ受験勉強でもしようかと思い立ってもまず何をすればいいかがわからなかったりします。
教科書を開いて見てもそれで正しいのかどうか不安になります。
まったくどうしたらいいか分からない時はまずテストをしましょう。
今の自分が何を理解しているかを把握するのが先決です。
そこでできなかった所を次にはできるようにする。というのが受験勉強の基本だと思います。
ただ、そうそうテストを受けられないので問題集などに頼る必要があります。
この時、あまり沢山用意せず、一つの問題集を全部やり通す事が必要です。そして、もう一度やりなおしてみるのです。
前よりできているという手ごたえがないとなかなか努力する気力が沸いてきません。別の問題集をやっていくと次々とできない所ばかりが増えていき、自信も気力も削れてしまいます。自分を励ますためにも同じ問題集をまずほぼ完璧といえるほどまで繰り返すのがいいと思います。