受験勉強はしておくべき

受験勉強はしておくべきだと思います。
小論文を書いたり、面接で入るのもいいですが、やはりある時期、集中して勉強するという経験は必要です。集中して勉強することは、できそうでなかなかできません。
合格か不合格かがかかっている受験勉強が、集中して必死に勉強する良い機会なのです。
ただ知識が身に付くだけではありません。
自分独自の勉強の仕方とか、自分はどれくらいやったら、どのレベルまで行けるかとか、あるいは、無駄なく勉強していくにはどうすればいいか、とか、いう訓練を積むことは、将来社会に出たときに、役に立つでしょう。
そして何より、たくさんの教科を集中して学習し、大学なり、高校なりに合格したことは、本人にとって大きな自信につながります。
受験勉強をしてきたか、してこなかったかというのは、社会に出て、ちょっとした課題を与えられた時などの、課題の解き方、調べ方などにはっきりと表れます。
ですから、大変でも受験勉強をして、その努力の結果で、大学や高校に合格してほしいと思うのです。