受験勉強は大事

受験勉強は大事です。特に、一生懸命勉強することは、とても大事です。今は特に、全入の時代、と言われ、ほとんど努力しなくても、えり好みさえしなければ大学と名のつくところには入れます。だから、一昔前と比べて、一生懸命勉強することの意味が、若者にとって分かりづらくなっているのかもしれません。しかし、一生鶏鳴しないとわからないことがあります。それは、自分自身の等身大の大きさ、さらに言えば、自分の才能の無さです。
真剣に勉強に取り組んでいないうちは、「俺だって、本気を出したらすごいんだ。今は本気を出していないだけなんだ。」と思っています。結論としては、本気を出していないだけで僕はすごい、と思っているのです。
真剣に勉強して、初めて自分はすごくないことに気が付きます。すごくない以上、もっと勉強しなくては、と思い、心の中で勝手にうぬぼれている人と、その差はどんどん開いています。
今の社会の風潮として、受験や勉強を貶めることがかっこいいというのがあり、残念ですね。