受験勉強は難しい

私の受験生時代はそんなに猛勉強はしませんでした。ただ単に勉強が好きではなかったということもありますが、勉強の仕方がよくわからなかったのです。
塾に通っていたからそこそこの勉強はできていたとはいえ、家での勉強は本当に何をしたらいいかわからず、とりあえず教科書を読むことを中心に、ノートに覚えたいことを書き連ねていったり参考書を読んだりしました。
それでも自分の身についているという感覚がなく、結局塾に頼るという始末でした。
自分のレベルよりも下の高校や大学を受験したから何とかなったとはいえ、さすがに私は勉強不足だと思いました。勉強が嫌い、とか勉強のしかたがわからない、というのは結局言い訳でしかないんですよね。私は自分が逃げているような気がして情けなくなりました。
でもどこの学校に入学しようが結果は合格だったのでそれだけは救いだと思いました。レベルの高い学校に無理やり行くのではなく、レベルが若干低くてもいいから自分の行きたい学校に行くべきだとも思いました。
結局のところ、自分の未来が明るいものになればいいのです。