受験勉強をきっかけに変わることができた私

私は大学の受験の時に小論文を書きました。小論文の知識が全くなかった当時、私はあまり勉強することなく小論文に臨んでしまいました。
結果はテーマと若干異なった内容を書いたにもかかわらず合格でした。私は自分の知識のなさに落ち込み、合格したのに不合格のような気持ちを味わうことになってしまいました。その受験の日から、もっと勉強しようと思って私は大学生活をできる限り勉強に充てるようになりました。
全く勉強しなかった受験のおかげでやる気が出て良かったと思っています。内容の薄い小論文のおかげで自分を変えることができたのです。遊びばかり考えていた高校時代から、勉強のことを考えるようになった大学時代へ、という人生を歩むことができて良かったと安堵しています。
受験は楽をしてしまいました。でも、そこから得るものもあるのだと実感することができ、人はどのタイミングでどう変わるのかわからないと改めて思うことができました。
受験勉強で人生が変わるなんて素敵な話だと自分のことながら思ってしまいました。