受験勉強をする時に私が気を付けていた事

受験勉強をする時に私が気を付けていたのは、配点の高い大きな問題から勉強する事や、学習内容を大まかに捉える事です。これはおそらく人の性格にもよると思うのですが、私はどうも細かい小さな問題、つまりは配点の低い問題からやると調子が出ませんでした。
例えば英語の勉強なら、単語を覚えるより文法からというやり方です。数学で言えば、計算問題ではなく配点の高い文章問題から取り組むというやり方です。そしてどうしても調子の出ない時や気分が乗らない時にはちょこちょこ単語を覚えたり、アクセントを覚えたりしていました。
数学の文章問題などは、多少時間がかかっても「徹底的にやり一度きっちり理解しておく事」で、似たような問題が出ても対応できます。時間がかかっても配点が高いので結果的には効率が良い筈です。またテストを受ける際にも、あまりにも計算問題などが最初にゴチャゴチャ出ている場合は、それを全部飛ばして文章問題からやり、最後に取り掛かるようにしていました。