受験勉強を電車の中でする

試験用紙をめくる瞬間が一番緊張しますし、何よりも楽しい瞬間だと思います。
その一瞬のために受験勉強をしてきたのですから感慨深いものがありました。

受験勉強と言えば机にかじりつくイメージがありますが、私の場合は電車の中でも勉強が多かったです。
というのも一人暮らしをしながら受験勉強をしていたからです。
家庭の事情から一人暮らしを始めて、アルバイトをしながら生活費と大学の費用を稼ぎ、その合間で受験勉強をしていました。
ですから受験勉強と言えばどうしても電車の中というイメージがあります。

初めの内は慣れないところもありますが、ひたすら参考書を読むだけでいいのですからインプット暗記術に関しては自信がありました。
ひたすら電車の中で参考を読んでいたのですから。
アルバイトの終わりが夜の12時過ぎることもありましたから眠くなりそうになりながら勉強したのが良い思い出です。

ただ、大学の費用がたまらずに3浪をして大学に行ったので受験勉強期間が長引き過ぎたと言った反省はありました。
流石に飽きます。