受験当日の朝食に食べるもの

受験の日の朝には、自分の持てる力を最大限に発揮できる為の朝食が必要になります。一番まずいのは朝食を抜くことです。胃の中に何も入っていない状態だと脳がしっかりと目覚めないばかりか、考えるときのパワーが不足しているので、明らかに学力が低下します。

なので、早めに朝食を摂り活力を高めることが必要になります。その時に食べる食材で欠かせないのがお米です。パンよりもお米の方が腹持ちも良いし糖分も十分に脳に運ばれて考える力をフル回転することができるのです。

そして、体の機能を維持するために欠かせないのがタンパク質となります。チキンやチーズ、ハンバーグやウインナーなどの食べ応えたっぷりの朝食メニューをトッピングするようにします。ヨーグルトや牛乳ももちろん良い食品になるので、バランスの良いメニューにしていくことです。

本来なら食物繊維が重要だからサラダを含めるとか、太りすぎるので野菜の量を増やすとか考えがちですが、受験当日の朝だけはパワー重視で炭水化物とタンパク質をたっぷり補給する方が良いのです。