受験戦争は蚊帳の外

私が受験に挑んだときには、世間体の倍率だとか、偏差値とかその辺の事は全く気にしていませんでした。不合格の可能性が高まったからといって志望校を変えるという考え方は全くありませんでした。

というより、合格するという考えがほとんど無かったので、不合格で一浪する時に細かいことは考えようと思っていたのです。そのように倍率が高くなったり、事件の希望者が動いたりするような事は全く考えない方が良い結果に繋がると思うのです。

どの大学でも良いので、合格の結果が欲しいという人の場合は私立に高い入学金を払って入れば良いし、そのあたりは人それぞれの考え方になるので、自分のことばかり考えていれば良いと思います。

合格するには他の人とのランキングになるはずですが、自分としては自分との戦いをやっているだけでベストな試験結果を残すだけに集中して、後は自分がどうこう考えても変わらない部分なので、楽観的に待つだけだと思っていました。