受験時代を振り返ると

受験勉強をしていたころを懐かしく思い出します。当時は、必死で不安で、早く目的の大学に合格してこの状況から抜け出したいと思っていましたが、今思うと、やるべきことが勉強しかない時期というのも人生のなかで、なかなかに特殊だったなと思います。おそらく、受験生に向かって、今は勉強しかしなくてよい贅沢な時期なんだよといったところで共感してもらえないでしょうけども。勉強しかしなくてもいいとはいえ、数学や英語や国語や日本史(日本史選択だったので…)などなど、どの科目もまんべんなく勉強しなくてはいけないし、ひとくちに数学といっても、代数幾何、微分積分、確率統計…。やらなければならない勉強はやまほどありました。当然当時はあせっていました。しかし、勉強というものは積み重ねとはよくいったもので、一日に進めることのできる勉強は微々たるもので、やってもやってもきりがみえない気持ちでいたのであせるのはあたりまえだったかもしれませんね。