受験校の選び方

受験校の選び方で考えさせられることがあります。
ときどき、「行けるところに行けばいいや。」という声を聴きます。特に目標もないのに、一生懸命勉強するのは面倒くさい。自分の今の実力で、行けるところに行ければそれでいいんじゃない、という考えがあります。しかし、私としては、それはどうかな、と思います。たとえ、特に行きたい学校がなくても、自分なりに努力して、自分の力を高めた上で受験することが大切であるような気がします。なぜなら、頑張って自分を高めたのちに勝ち取ったものに人は誇りを持てるからです。逆に、努力をせず自分を高めることもなく得た結果に、人は誇りを持てません。誇りを持てない結果、何が起こるかというと、退学率の上昇です。
あこがれもなく、単に自分の今の学力で行けるからそこに進学したという子を実際知っていますが、その子は進学先の学校で不登校になり、退学ぎりぎりのところまで行きました。自分で選んで掴み取る、ということがいかに大事か、その子に接していて感じました。