受験生の食事

現在は食育という言葉もあるように、食べ物というのは受験生の子供にとっても
とても重要です。

当たり前ですが、受験のためには、体が万全でなければなりません。
いくら勉強ができても、もし体を壊してしまったら、受験どころではなくなって
しまうからです。

それでは、受験生はどのような食事をとればいいのでしょうか。
とにかく一番に重要なのは、栄養バランスのとれた食事をとることです。
栄養バランスのとれた食事をとれば、記憶力や集中力、創造力を高めてくれ、
脳が充分に働いてくれるので、勉強の効率をアップさせることができます。

具体的には、糖質は、血糖値を上げ、脳の働きを活発にしてくれます。
ですから、受験生は糖質の多い食品をとったほうがいいでしょう。
糖質の多い食品は、ご飯やパン、めん・芋類などです。

また、たんぱく質も重要です。たんぱく質は、脳の細胞の働きを活発にし、頭の回転を良くします
たんぱく質を多く含む食品は、魚類や肉類、大豆、牛乳、卵などです。