受験科目の学習時間の配分

大学受験では、人によって必要となる受験科目は違ってきますが、国公立大学を目指す人であれば、基本的に5教科7科目必要となります。
ただ、全ての科目をしっかりと学習することは、まず無理だと言えます。
限られた時間で合格点を取るためには、重要な科目には学習時間をたくさんかけ、あまり重要でない科目には少ない学習時間で効率良く勉強する必要があります。
基本的には、二次試験や私立大学の受験で必要な科目は前者、センター試験でのみ必要な科目が後者となります。
恐らく大半のケースとして、理系の人であれば英語・数学・物理・化学を重点的に学習し、文系の人であれば英語・国語・社会系科目1つを重点的に学習することになるでしょう。
もちろん、文系の人であっても二次試験に数学が課されたり、私立大学を数学で受験する場合には、英語や国語と同じぐらいの学習が必要となるでしょう。
逆に、受験する大学が文系だからと言って、必ずしも国語や社会系科目の配点が高いとは限らないので、まずは自分の志望する大学の科目ごとの配点をしっかりとチェックするようにしましょう。