台風の日に授業に向かったこと

私が大学に在学中の時に、強烈な台風が私の県内を通過していきました。その日は学校の授業があったので、いつものように車にテキストを乗せて学校に向かいました。

恐らくその時は強風域と暴風域の間くらいの位置だったと思うのです。なので強烈な風が吹いている中でした。学校に着いてみると駐車場の車が割と少ないのです。自己判断で学校が休みであると解釈した人も多いようなのです。

ですが、私はいつもと同じように授業の前に教室に入っておきました。私以外にも既に到着している人たちがいたのですが、実際に授業があるかどうかは分からないと言っていました。

そして授業の時間になったのですが、先生も学校にいて授業の準備は出来ているようでしたが、生徒達の集まりが悪いので、「今回は授業のカウントに入れないことにする..」と言っていました。私としては、せっかく厳しい条件の中で学校に来たので、力が抜けてしまいました。

ただ、試験対策としてポイントとなる部分の授業を30分程度やって、後は質問タイムとなりました。この時の先生が教えた内容が、私の疑問点にピッタリだったので赤点を免れたのです。