同じレベルっていうのが大事

受験っていうのを考えた時、基本的に同じレベルの家庭同士と結びつくことができるかって話だと思います。子どもに受験をさせなければ、そんなにお金もかかりません。
でも、自分たちと同じレベルの子どもたちと一緒じゃないと、子どもが結局窮屈な思いをします。逆でも同様です。背伸びしてしまうことで、結局学校に行けなくなってしまうこともあります。受験はただすれば良いというものではなく、子どもにとって良い環境はどこかって視点から選ぶべきだと思います。
ちなみに、私立に行けばいいっていうのは、幻想だったりします。都道府県によっても公立の教育レベルは変わりますし、私立が落ちこぼれの行くところで公立が優秀な子が集うところだったりします。この辺りは、周辺地域の様子でしっかりチェックしておくことが必要です。
とにかく、無理して受験してもあわずにやめてしまうケースも増えています。そうすれば、結局お金の無駄になってしまうわけです。無駄にしないために事前の情報収集は重要です。