吹奏楽部経験者

よくあるパターンだと思うのですが、中学高校と筋金入りの吹奏楽部経験者で、大学でもそのまま吹奏楽団に入りました。しかし、中学高校の吹奏楽部というのは、だいたいどこの学校もそれなりに人数がいると、軍隊のような規律が敷かれているところが大半であると思います。あいさつや返事に始まり、服装、土日を問わない練習、吹けない人間はコンクールメンバーに選ばれない、初心者は合奏では吹き真似。これに対して大学の吹奏楽団というのは所詮サークルで、週に2回だけの練習(合奏)で曲のメンバーも実力制ではなくどちらかというと年功序列です。このギャップにとまどい、順応していくタイプと、音楽に本気であればあるほど自分の実力が全く評価されないシステムに納得できずに離れて言ってしまうタイプに分かれてしまいます。私自身も最初に入った団はやめ、他大のオーケストラに入り直しました。高校と違って自分の意志で所属団体を変えられるのは、とても良いことです。