和菓子屋さんでのアルバイト

和菓子大好きな私は、地元で有名な和菓子屋さんでアルバイトをしたことがあります。有名なお店だけあって毎日お客さんは出たり入ったり、お盆やお正月になると大変な混雑になりました。
それまで食べ物を扱ったお店で働いた事のなかった私は、まずそのお店で扱っているお菓子の種類、名前、値段を覚えるのがとても大変でした。また、このお菓子はどんなもので、中に何が入っていて、どんな味がするのか、ということもお客様に説明しなければならなかったので、毎日2〜3個のお菓子を食べては自分なりにノート書いていました。ただ、この作業は和菓子好きな私にとっては嬉しいお仕事でした。
また、それまで和菓子と言ったら羊羹、饅頭、団子など一般的なものしか印象になかった私ですが、和菓子にも季節によっていろんな種類があるんだということをそのアルバイトで教えてもらいました。
お菓子の味は自分で確認済みでしたので、手土産が必要な場合はそのお店で迷う事無く買えましたし、「これが美味しいよ」とか「これならあの人好きだと思うよ」などのアドバイスを家族や友達にもすることができました。
なによりも大好きな和菓子屋さんで働けた事は嬉しい経験でした。