商品に興味がでてきたらなおオッケー

パート先のスーパーにはアルバイトでやってくる男の子たちがいます。大抵は20歳前後の学生さんです。
ゆとり世代と言われる年代の子たち。もちろん性格にもよるのだけれど、言われたことに良い意味でも悪い意味でも素直です。言われたとおりの事を素直にその通りして気をきかす事が少ないような気がする。慣れてきたら率先して仕事をしそうなものだけれど、いちいち指示を待っていることが多い傾向があるかな。
けれど今、彼らは学んでいるのだからと思い、「仕事って淡々と言われた事だけしててもオッケーじゃないんだよ。」っていうメッセージを送り続けています。
例えば、野菜を店先に積むのだって、新しいものを下にして入れ替えながら積まなければならない。その時に当然傷んだ品物ははじいていく。指示された事で手一杯で、慣れないと最初はむずかしいだろうけど、それでもどうやったらきれいに崩れないように積むかは、その子しだい。
どうせやるなら、時給にプラス経験。こんな事が?って思うことも将来思わぬ役に立ちますよ。