商店街の単独コンビニ

大手チェーン店ではない、1件しかないコンビニでアルバイトしたことがあります。駅前の商店街の中にあり、
夜はちょっとコワモテの人や水商売関係のお客さんが非常に多かったです。レジで話しかけてくる人がやたらと
多かったです。最初は本当にこの雰囲気に馴染めず辛かったのですが、数ヶ月経つうちにお客さんの相手を
するのが楽しくなってきました。コンビニというよりも、昔ながらの商店街の八百屋とか魚屋とかと同じような
活気があったと思います。店長はパソコンを使わず、仕入れ管理からアルバイトの給料計算まですべて
ノートに手書きしていました。膨大な量のノートにものすごく細かく記載された仕入れ管理を見せてもらった
ことがありますが、その緻密さはちょっと芸術的で、これが大手に加盟せず単独で長年お店が生き残っている
秘密なのでは、と思いました。
お店は夜2時に閉めるのですが、治安があまり良い場所ではなかったので、店前の自販機にチェーンを巻いて
仕事終了、というのが大変印象深いアルバイトでした。